ショッピング枠現金化でお金を借りるの危険?

ショッピング枠現金化はダメ絶対

クレジットカードには二つの機能があります。
ショッピング枠ではカード会社が決済を代行することにより支払を後払いにすることができます。
キャッシング枠ではカード会社からお金を借りることができます。

 

ショッピング枠は現金を使用しないで購入し、後払いにすることができるものであり、この分の現金を直接カード会社からお金を借りることはできません。
しかしそのショッピング枠の利用可能額を現金に換金する、と勧誘する業者が増えています。

 

インターネット、新聞、雑誌等でこういった業者の宣伝広告を見かけるようになってきました。
あたかも便利で都合がよいように聞こえますが、こういう行為は「ショッピング枠の現金化」と呼ばれ、各クレジットカードでは換金行為を認めていません。

 

クレジットカードは本来、商品やサービスを購入した際、後払いするためのものであるからです。
ショッピング枠を現金化した場合、カード利用規約違反としてクレジットカードの利用が出来なくなることがありますので注意しましょう。

 

クレジットカードのキャッシング枠を使いきってしまった時に現金が必要になることがあるかもしれません。
ショッピング枠が残っているからといって、甘い誘いに乗り、ショッピング枠を現金化しないようにしてください。

 

クレジットカード会社の利用規約に違反するだけでなく、現金化するということは債務を背負うことになり、返済していかなくてはならないのです。
その上、信用できない業者から借金をしたのですから、思わぬトラブルを引き寄せたり、犯罪に巻き込まれる可能性があるのです。
現金が欲しいからと言って、軽い気持ちでショッピング枠を現金化するようなことがないようにしてください。

 

ショッピング枠の現金化はそもそも認められた行為ではありませんので、現金化を勧誘するような業者を信用してはいけません。
現金が必要な場合、別の方法で調達をするようにし、絶対にショッピング枠を現金化しないようにしましょう。